スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども手当 支給ミス37件 阪南市(産経新聞)

 阪南市は11日、子ども手当の支給ミスが計37件あったと発表した。児童手当とあわせて支給する際、委託業者のプログラムの不具合で、口座振り込みのデータに誤りが生じたのが原因という。

 同市では10日、児童手当の2、3月分と子ども手当の4、5月分を口座振り込みで支給。うち1万~4万円の過払いが33件、1万3千円の不足が4件あった。

 市こども家庭課は「市民のみなさんにご迷惑をかけ申し訳ありません」と陳謝。不足分は15日に支給し、過払いは10月の次回支給時に金額を調整する。

<男女共同参画>女性の雇用、依然厳しく 基本計画10年経過(毎日新聞)
社民に懲りた?…外相「参院で単独過半数得たい」(読売新聞)
防犯カメラの映像、別人だが「似てたから」自分と…(読売新聞)
<南アW杯>鈴なり応援絵馬 愛知・白山宮(毎日新聞)
信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)
スポンサーサイト

頭越しに地元反発、「強行なら成田闘争以上に」(読売新聞)

 「頭越しで何をするのか」――。28日朝、日米両政府が発表した共同文書で、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先として再び名護市辺野古が明記され、訓練の移転先には鹿児島県・徳之島も検討対象になった。

 地元の合意がないまま、鳩山首相が言う「5月末」の決着期限を達成するための見切り発車。2006年の日米合意とほとんど変わらない内容に、地元関係者は「できるはずがない」と強い反発の声を上げた。

 交渉の当事者であるはずの沖縄県には、記者発表と同時に防衛省から共同文書のファクスが届いただけ。ある幹部は「これはほぼ現行案ではないか。首相が来県した時、県内に残るのはごく一部のような言い方だったのに。どういうプロセスでこのような結果になったのか、政府にただしていきたい」と不快感を示した。

 名護市役所では28日午前、稲嶺進市長が記者団に対し、「移設先が辺野古に戻ってくることはあってはならない。発表は到底受け入れられない」との考えを改めて表明。さらに「この14年間、辺野古案は前に進まなかった。今更辺野古と言っても実現可能性はゼロ。私は政府との交渉にも臨まない」と言い切った。

 市役所で同日夕に開かれる緊急市民集会で、辺野古住民を代表して移設反対を訴える菊農家の比嘉盛順さん(70)は「本来なら米政府ではなく、移設先の住民の理解を優先すべき。頭越しでの合意は認められない。何としても移設工事はやめさせたい」と力を込めた。

 自公政権下で「辺野古移設」の現行計画を容認していた辺野古区の大城康昌区長は「これまでの経緯もあるので、政府側との話し合いには応じる。ただ、『県外・国外』で一度は来ないと期待した区民を説得するため、受け入れ条件は当然厳しくなる」と話した。

 このほか、徳之島・天城町の大久幸助町長は「政府は地元の合意が大切といいながら、合意など全くない。絶対に受け入れられない」と強く反発。「私たち徳之島の3町長は、これでますます結束が強くなる。国策として移転を強行した場合、成田闘争以上になるだろう」とけん制した。

首相、韓国支持表明へ 哨戒艦沈没犠牲者に献花(産経新聞)
<日中韓首脳会談>常設事務局設置で合意 3国間協力推進へ(毎日新聞)
元連合札幌会長の控訴棄却…小林議員選挙違反事件(読売新聞)
破産申請から一転、東京の文寿会が事業再開(医療介護CBニュース)
「車購入」…実は買ってなかった=NHK、海外ニュース番組で謝罪(時事通信)

首相動静(5月20日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時34分、公邸発。同36分、官邸着。「普天間問題について28日に日米で合意文書をまとめるのか」に「5月末の決着に向けて最終的な努力をしている」。同38分、執務室へ。
 午前10時26分から同11時2分まで、IT関連企業「米セールスフォース・ドットコム」のマーク・ベニオフ会長兼CEOら。
 午前11時18分、執務室を出て、同19分、特別応接室へ。同20分から同50分まで、オーストラリアのスミス外相、フォークナー国防相が表敬。同51分、同室を出て、同52分、首相会議室へ。
 午後0時17分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後0時22分、執務室を出て大会議室へ。同23分、韓国哨戒艦沈没事件に関する関係閣僚会議開始。
 午後0時52分、同会議終了。同54分、同室を出て、同55分、官邸発。同57分、国会着。同58分、衆院本会議場へ。同1時3分、衆院本会議開会。
 午後1時36分、衆院本会議場を出て、同37分、国会発。同38分、官邸着。同39分、執務室へ。
 午後1時58分、民主党の石井一選対委員長、藤田幸久参院議員が入った。
 午後2時32分、石井、藤田両氏が出た。
 午後3時6分から同25分まで、植松信一内閣情報官。
 午後3時29分、執務室を出て、同30分、特別応接室へ。同31分から同58分まで、宇宙飛行士の山崎直子さんが表敬。同59分、同室を出て、同4時、執務室へ。
 午後4時19分、岡田克也外相、北沢俊美防衛相、前原誠司国土交通相が入った。同23分、平野博文官房長官が加わった。
 午後5時、全員出た。同1分、執務室を出て大会議室へ。同2分、ラオスのブアソン首相との会談開始。
 午後5時35分、同会談終了。同36分から同38分まで、官邸玄関で同首相を見送り。同39分、執務室へ。同40分、輿石東民主党参院議員会長が入った。
 午後6時19分、輿石氏が出た。同20分、執務室を出て小ホールへ。同21分から同28分まで、報道各社のインタビュー。「哨戒艦沈没事件で、韓国は安保理で北朝鮮に対する制裁決議案を提起するが」に「韓国が決議を求めるのであれば、日本が先頭を切って走るべきだ」。同29分、小ホールを出て官邸発。
 午後6時38分、東京・内幸町の帝国ホテル着。同ホテル内の宴会場「孔雀西の間」で国際交流会議「アジアの未来」夕食会に出席し、あいさつ。同7時23分、同所発。同27分、公邸着。
 21日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

<パロマ工業中毒死>元社長ら有罪確定 被害者母「悔しい」(毎日新聞)
臨床研修医が増加、「基金」奏功か―鹿児島県医師会(医療介護CBニュース)
口蹄疫 感染疑いの種牛は大エースの「忠富士」 殺処分に(毎日新聞)
野口聡一飛行士 ISSで会見 「あと2~3カ月大丈夫」(毎日新聞)
診療報酬引き上げ、民主が公約に明記へ(読売新聞)

大阪市議補選告示 各陣営、都市構想訴え 橋下新党「大阪都」に対抗も(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事が立ち上げた地域政党の参戦で、異例の注目選挙となった大阪市議補選(福島区選挙区)には14日、5人の新人が立候補、欠員の1議席をかけた舌戦がスタートした。立候補の手続きを終えた各陣営は早速第一声。知事が掲げる「大阪都」構想を受け、各陣営もそれぞれの立場から自らの政策や大阪の都市構想などについてアピールした。

 今回の補選は、共産市議の国政転戦を受けた選挙だけに、共産にとっては議席死守が重要課題。国政を目指す前市議とともに第一声に臨んだ山田みのり氏(33)はJR野田駅近くで「『ワン大阪』というフレーズで福島区の解体をたくらむ勢力、自治体と市民をかけ離す改革には断固反対を貫く」と橋下新党との対決姿勢を表明した。陣営幹部は「『大阪都』など制度上の話ではなく、暮らしに密着した草の根の戦いで保守層にも支持を広げたい」と話した。

 一方、民主の国本政雄氏(33)の陣営は選挙事務所前で出陣式。国本氏は「福島区で生活し、皆さんと顔を合わせ、声を聞いてきた。今まで聞いた思いを政治に反映させ、生活にはね返したい。命が尽きるまで走り抜ける」と訴えた。

 前回市議選では次点に泣いた国本氏はこまめな地域回りなどで支持を固めてきた。出陣式後、支援者に見送られて選挙カーで出発。区内を丁寧に回り、立候補のあいさつを行っていた。

 大阪維新の会から立候補した広田和美氏(46)の陣営。結成から間もないため強固な地盤はないが、代表の橋下知事をはじめ、党メンバーが支援する。

 選挙事務所近くの公園で行われた出陣式に参加した橋下知事は「相手陣営は福島を壊すと攻撃してくるが、我々が壊そうとしているのは大阪市役所だ」と声を張り上げた。

 広田氏は財政問題に言及し「東京と比較し1人あたり3倍の借金を背負う大阪を立て直さないといけない」と訴えた。

 一方、自民の太田晶也氏(38)は選挙事務所近くの神社境内で第一声。「福島区、大阪市を守っていくための戦い。市は改革すべきだが、守らなければいけないものもある」と大阪都構想を批判した上で、「地元の子供も市が無くなると心配している。子供たちに不安を与える政治をやってはいけない」と強調した。

 出陣式には大阪市議や府議のほか、国会議員らも参加。マイクを握った陣営幹部は「この選挙は知事の暴挙との戦いだ」と述べた。

 一方、諸派の上畑俊治氏(53)も選挙事務所前で第一声。市職員の厚遇問題の改善などを訴えた。

勤務中、職員全面禁煙…違反は文書注意検討(読売新聞)
マンション住民の男を逮捕=男性2人刺殺-大阪府警(時事通信)
<掘り出しニュース>龍馬ブームで「人斬り以蔵」に脚光 高知で初の命日祭(毎日新聞)
<普天間移設>米との交渉優先を 亀井担当相(毎日新聞)
産直市場・レストラン・洋菓子の複合施設 15日に出雲市にオープン(産経新聞)

沖縄県民大会「9万人」に疑問も、県警把握せず(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場の県内移設反対を求めて先月25日に行われた県民大会の参加人数について、主催者が「9万人」と発表したことに対し、疑問の声が出ている。

 主催者の同大会実行委員会によると、会場となった同県読谷村運動広場の最大収容人数が5万人で、「会場の周囲にいた人や、交通渋滞で到着できなかった人が大勢いた」(事務局)として「9万人」と算出したという。

 だが、大会直後から「実際の参加者はもっと少ないのではないか」(政府筋)との指摘が相次いだ。

 都内のある警備会社が大会当日の航空写真をもとに人数を数えたところ、「視認可能な人数は1万1569人」とはじき出した。木陰やテントの下などにいた人は除いたというが、この会社は「それでも9万人には到底届かない」とみている。

 沖縄県警は今回の参加人数を把握していないという。

「撮り鉄」侵入か、JRに遅れ=50歳男性、線路脇に三脚-奈良(時事通信)
法被姿で歌舞伎祭アピール=石川県小松市〔地域〕(時事通信)
<強盗>カレー店に男3人侵入 130万円奪う…前橋(毎日新聞)
ネアンデルタール人 ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析(毎日新聞)
<人事>最高裁(6日)(毎日新聞)
プロフィール

ミスターふみおおぐま

Author:ミスターふみおおぐま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。